「利益が出せないから、広告はやれない」は大きな間違いです

 

こんにちは

Webマーケッターの三和です。

僕はマーケッターでありながら、Web制作も自分で行っているので、ホームページやランディングページ制作のご相談もよくいただくんですが、

ランディングページなんかだと特に、作っただけだと全く見てもらえないので、広告を使ったり無料で告知する方法なんかも一緒に提案してるんです。

その中で、

「利益が出せないから、広告は出せない」

というお客さんが結構多いわけなんです。

 

えっ!?そうなんですか?

と、最初の方は驚いていたんですが、もうすっかり慣れました。(笑)

だったらどうやって今回作ったページに人を集めるの?無料で集めるのは大変ですよ?

と、疑問に思うばかりなんですが、よくよく話を聞くと、こういう理由でした。

 

「ランディングページでは特別キャンペーンとして、通常よりもかなり割引するので、広告を出したら赤字になってしまう」とのこと。

 

確かに、広告の予算と成果のシュミレーションから獲得数と獲得単価を試算すると、割に合わなくなってしまいます。

う〜ん、じゃあ広告は難しいのかなー

と、あなただったら思いますか?

 

僕は、全然そう思いません。

なぜかと言うと、ハナから広告で利益を出せるとは思ってないからです!

 

LTVという言葉をご存知ですか?

ライフタイムバリュー(Life Time Value)という言葉の略で、一人のお客さんが、特定の企業やお店と取り引きを始めてから終わるまでの期間の間にどれだけの利益をもたらすのか?を算出した指標のことを表すマーケティング用語です。

つまり、1回購入や利用してくれたお客さんにどれだけリピートしてもらえるのか?どれだけ対価を受け取ることができるのか?です。

 

広告においても、これは同じ。

広告で打ち出す商品はあくまで集客用であり、”集客用商品”を利用してくれたリピーターから利益を得るべきなのです

だから、広告で利益を出そうなんて思わないことが大事。

広告で利益を出そうと思って告知したら、まあ98%売れませんからね。

 

ということを、クライアントにお伝えすると、利益を出せる商品を持っていなかったり、リピーター向けの商品がなかったりで、「まずはそこから一緒に作っていきましょう〜」ってなるんですが、

利益が取れる商品ができていないのに、集客を開始することは絶対にやめてくださいね

理由は、LTVを最大化できないからです。せっかく頑張って獲得したお客さんからの利用が単発で終わってしまったら、勿体無さ過ぎませんか?

しっかり、売上と利益を伸ばしたいのなら、

利益獲得商品の構築→集客用商品の構築→集客

の順に、実践してください。

 

あと、このLTVの考え方は、広告予算を決める際にも重要になるので覚えておいてください。

多くの人が、「お客さんの利用が1回」と決めて広告費を算出していますが、広告費を考える際は、正しくはLTVの売上を基準に考えるべきなのです。

1人のお客さんが、集客用商品と利益獲得商品を購入してくれたらどれだけの売上(利益)が出るのか?

そこから、広告予算を算出してください。

そのように考えず、広告予算を出し渋ってしまったら、獲得できるはずのお客さんが獲得できなかったり、伸ばせるはずの売上が伸ばせなくなるので、よーく注意してくださいね!

 

それでは、今回はこの辺で。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

ホームページ・ランディングページ、広告などWeb集客のご相談随時受付中です!
お気軽にどうぞ!→無料で相談してみる


8月末までの限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>