【画像はこう選ぶべき!】Facebook広告画像で大切な3つのこと

今日は、Facebook広告で画像広告の出す際に成果を上げることができる3つのことをお伝えしようと思う。
ぜひ参考にしてほしい。

第一に広告を連想できるものにしよう!

これは鉄則だ。

例えば、あなたが美容サロンを運営していてその宣伝を行うのであれば、下のAとBはどちらの方がいいと思うだろうか?

A

B

圧倒的にBの方がいいと思うだろう。
それで間違いはない。

たまに、全く関連性がないような画像の広告を見かけるが、テストしているのかもしれないがあまり好ましくはない。

関連度スコアというものをご存知だろうか?

Facebook広告の指標の一つで、広告内容とターゲットの関連性を1~10の数字で表したものだ。
1に近ければ近いほど関連性が低く、広告効果が弱い。
逆に10に近ければ近いほど良い広告であることを意味している。
広告マネージャーの中で確認できるので、確認してみてほしい。

第二に派手な色を使用する!

広告以外の他の記事に混ざって広告は表示される。
だから、目立たなかったら意味がない。
とにかく派手な色やインパクトを重視しよう。

第三に女性!笑顔!おしゃれ!

ここからは、経験上のテクニックの話だが、人物を使うのであれば迷わず女性を使用しよう。

男性の画像には男性も女性もあまり反応を示さないが、女性の画像は男女問わず反応が期待できる。

加えて、女性はおしゃれな画像に興味を示す。だから、オシャレであればあるほどポイントは高くなる。

そして、人物画像は“笑顔”が大事。これは、第一印象みたいなもの。
好意的な感触を受けるか受けないかで広告の反応率が変わってくる。

まとめ

いかがだっただろうか?

  1. 連想できる画像を使う
  2. 派手な画像で目立たせる
  3. 女性、オシャレ、笑顔

この3つを使えば、ある程度の反応は保証できる。
ぜひ、実践してみてほしい。

最後に

これからFacebook広告を始めようと思っている人や、やってるけどうまくいってない人は、下の「必ず成果が出せるFacebook広告の4つのテクニック」を是非ダウンロードして読んでみてほしい。

きっと、あなたの広告運用に役立つはずだ。


8月末までの限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>