参考にするべきfacebook広告の最適な予算・料金設定の5つの事例

facebook広告をこれから始めようと思っている人や、既に始めている人の中にも、

一体料金をいくらかければ効果が出るか?
本当に費用対効果はいいのか?
facebook広告のクリック単価の平均は?
予算の目安はどれくらい?

とお悩みのかたも多いだろうと思う。

そこで今回は、広告種類別に4つの結果事例を紹介することにした。
費用感や予算設定で悩んでいる方は、是非参考にしてみてほしい。

記事広告の料金と効果

まずは下のデータを見てほしい。

(画像見にくくてすみません。クリックして拡大表示でご確認ください)

投稿した記事に対して広告を配信した「記事広告」の結果だが、およそ5000円の費用で2,578人に配信され、185件のアクション(いいね!などの反応の事。エンゲージメントとも言う)を獲得している。1件あたりのアクションの獲得単価は28円だ。

ボクの過去の経験上、記事広告の単価は安いと数円台まで下がり、高くても100円は超えないだろう。

記事広告の効果指標は、「投稿に対するアクション数」なので、その記事に対してどのくらいのアクション数がほしいかを決めれば予算設定が可能だ。

記事のアクション数はイコール被リンクである。

よって、記事広告は被リンク対策(SEO対策)を兼ねていると言っても過言ではない。

ページのいいね広告の料金と効果

次にいいね広告のデータを紹介しよう。

費用を1,000円もかけていないが、13件の新規ページのいいねを獲得し、1件あたり68円で獲得している。

平均は1件あたり100〜200円程度と言われているので、これはだいぶ安かった印象だ。

1件あたり68円だとすると、

100件のページのいいねを獲得するのは6,800円

1000件のページのいいねを獲得するには68,000円

が必要になる費用であることがわかる。

68円は安すぎると思う人は、1件あたり100〜200円の間で見積もってみるといいだろう

リード広告の料金と効果

リード広告は、個人的にお勧めの広告だ。

理由は、ランディングページなしでも見込み客からのコンバージョンを獲得できるからだ。

 

リード広告詳細についてはこちらをチェック!

【ランディングページ不要説】Facebookリード獲得広告の出稿手順を紹介します

2017.06.28

 

下のデータを見てほしい。

無料プレゼントを用意し、1ヶ月間程度リード広告を行った結果、67件のコンバージョン(この場合メールアドレス)を獲得でき、1件あたり925円となっている。

ということは、100件のコンバージョンを獲得するために必要な費用は92,500円という試算になる。

リード獲得広告は、広告クリック後すぐに申し込み画面に遷移するため、成約率が非常に高い。

ぜひお勧めだ。

ウェブサイト誘導広告の料金と効果

最も一般的なリンク先に誘導するパターンの広告だ。

これも非常に安かった印象だが、クリック単価21円でリンクのクリックを304件獲得している。

つまり、304回ウェブサイトに誘導した結果になっている。

クリック単価は設定したターゲティングによるので、経験から言うと通常数十円〜200円の範囲で収まる。

リーチ数が少なかったり、競合性が高い分野でターゲティングすれば高くなるし、逆なら安くなる。

なので、これからfacebook広告でウェブサイトに誘導するための広告予算を決める場合は、150円程度を見ておけば妥当な数値だと思う。

さらに予算設定とは関係ないのだが、注意点を挙げると、パラメーターの設定とコンバージョンの設定は必ずやっておきたい。

そうじゃないと、アナリティクス上でどのアクセスが広告からなのかわからなくなるからだ。

パラメーターの設定についてはこちらをチェック!

異常値発生!?Facebook広告でURLパラメーターを使う際の注意点

2017.03.09

Facebook広告出稿初心者マニュアル⑥ Facebook広告用URLの作り方

2017.06.24

 

コンバージョン設定に関しては、次のコンバージョン最適化広告の話に続く。

コンバージョン最適化の料金と効果

facebookにはコンバージョンを最適化してくれる優秀な機能が付いている。

facebook広告をやるのであれば、これは是非活用するべきである。

 

コンバージョンの最適化についてはこちらをチェック!

Facebook広告出稿初心者マニュアル⑨ コンバージョンを倍増させる魔法のテクニック

2017.06.26

 

 

上のデータがコンバージョン最適化機能を使った広告結果だが、1件あたり369円で439件のコンバージョンを獲得している。

16万円くらい使っているが、最初は4万円くらいからスタートし、コンバージョンが好調だったため費用をどんどん上げていった。それでも獲得単価は微増程度で今でも獲得できている。

特徴として、リード広告と比べて獲得単価が非常に安い。これは、コンバージョンしてくれる可能性が高いユーザーをfacebookが選び厳選して広告配信を行っているからである。

なので、どんどん獲得単価を下げていくことができる。

この機能を活用するためにはコンバージョンのトラッキングが必須だ。

広告を始める前に、コンバージョントラッキングを設定し、初めはウェブサイト誘導広告でコンバージョンが獲得できるかを観察し、手応えを掴んだらコンバージョン最適化に切り替えて最適化するべきだ。

現状これが最も最適な広告配信だと思う。

 

コンバージョンのトラッキングについてはこちらをチェック!

Facebook広告出稿初心者マニュアル④ Facebookピクセルの設置(Wordpress編)

2017.06.23

Facebook広告出稿初心者マニュアル⑤ カスタムコンバージョンの作成

2017.06.23

まとめ

いかがだっただろうか?

facebook広告では、効果を何にするのかによって、1件あたりの効果を獲得するために必要な金額は変わってくる。

もしできることなら、1日2日くらいテスト配信を行うことをお勧めしたい

そうすれば、大体の傾向が掴めるのではないかと思う。

広告を配信する上で、テストマーケティングは非常に重要だ。

もし、テストできない場合は、上で紹介した広告種類別の数値を参考にしてみてほしい。

最後に

これからfacebook広告を始めようと思っている人や、やってるけどうまくいってない人は、下の「必ず成果が出せるfacebook広告の4つのテクニック」を是非ダウンロードして読んでみてほしい。

きっと、あなたの広告運用に役立つはずだ。


8月末までの限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>