費用対効果がまるわかり!facebook広告の効果まとめ

最近広告主の間では流行りに流行っているfacebook広告だが、その費用対効果が気になるものだと思う。

今回はそのfacebook広告について、費用対効果に焦点をあててまとめてみた。

ぜひ参考にしてほしい。

他媒体との費用対効果比較

リスティング広告との比較

効果の比較としてよく用いられるのが、「クリック単価」だ。

平均クリック単価を比較してみると、

  • リスティング広告→ 200〜300円程度
  • facebook広告→ 100〜200円程度

どちらも運用方法により増減はあると思うが、平均してもfacebook広告の方が安価であることは間違いない。

ボクが運用している教室事業のクライアントの成果を取り上げてみると、

リスティング広告

エリアのみ限定配信

facebook広告

地域、年齢、性別、興味・関心ターゲティング

クリック単価に5倍以上の開きがあることが確認できる。

なので、「どちらの方が安価に集客できるか?」という問いには、「圧倒的にfacebook」という答えになる。

安価に集客することが効果的だとすれば、この場合はfacebook広告の方が効果的だ。

ディスプレイネットワーク広告との比較

YDNやGDNなどディスプレイネットワーク広告と比較する。

ともに画像や動画素材で広告配信を行うので広告としてよく似ている。

ここで、どの指標を軸に比較を行うべきか?ということが悩ましいので、それぞれの指標を比べてみた。

  • リーチ数→ facebook広告はfacebook利用ユーザーに限定されてしまう(Instagramやオーディエンスネットワークへも広告出稿は可能だが)が、ディスプレイネットワークはウェブを使用するすべてのユーザーが対象になるため、到達リーチ数の観点ではディスプレイネットワークの方が多くのユーザーにリーチできる。表示回数も同様だ。
  • クリック単価→ それぞれのターゲティングの精度によるが、ディスプレイネットワークの方が安価になるケースが多い。これは所持している広告枠の数にも関係してくる。
  • クリック率→ これは圧倒的にfacebook広告の方が高くなる。ターゲティングの精度に大きな違いがあり、facebookは個人情報(facebookアカウントのプロフィール情報)などを利用してターゲティングを行うので精度が高くなる。よって高いクリック率が維持できるのである。

まとめると、多くの人にリーチできるのはディスプレイネットワークだが、クリック率が低い。

検索をあまり行わなかったり、ウェブ使用の中心がSNSというユーザーも若者の中では多くなってきており、「ウェブサイトにはる広告ではあまり効果が見られない」という場合にはfacebook広告がおすすめだ。

オフライン広告との比較

基本コンバージョンで比較するしかないが、チラシ印刷とポスティングだと一人当たりの配信単価が5円に対し、facebook広告の記事広告を使用すれば同単価程度で配信できるというデータがある。

また、仮にfacebook広告の方が単価が高くついたとしても、チラシやポスティングは実際手にとって見てくれたかどうかわからないのに対し、facebook広告の方は興味を持ってクリックしてくれたという違いがあるため、facebook広告の方が高い効果を見込める場合がある。

今まで、ネット広告を避けてきた方もfacebook広告にはぜひチャレンジしていただきたい。

効果を出すために必要なこと

確実に効果を出すために、以下のことはしっかりチェックしておきたいところだ。

  1. 効果測定がちゃんとできるようにする(コンバージョンやパラメーター)
  2. 広告を行う前にちゃんと広告を設計する(どうやってユーザーに届けてどうやってアクションをとってもらうのか)
  3. PDCAを回す(効果がなかった、はい終わり!ではなく、しっかり改善する姿勢を取ってほしい)
  4. ユーザーにとってのメリットがくどいくらい明確になっているか?(これがくどくないと売れない。。。)

特に広告代理店の場合、上の①〜④をやってないと、効果が出なかった時に確実に広告のせいにされる。

例え本当の問題がランディングページにあったとしてもだ。

「広告は悪くなかった。なぜならば・・・」という説明ができないからだ。

これはfacebook広告に限らず、どんな広告でも大事なのでしっかり押さえておこう。

費用対効果を改善するポイント

次に効果を改善するためのポイントを挙げる。

広告の種類は適切か?

facebook広告の場合、広告作成画面の最初に広告の目的を聞かれる。

ここで、しっかり目的にあった種類の広告を選べていないと効果を出すことは難しい。

広告は魅力的か?

ユーザーにとってメリットが明確な広告を作れているか?あなただったらクリックしたいと思うか?など、どうしたら魅力的な広告が作れるかを追求しよう。PDCAを回していけばクリック率が改善できるはずだ。

ターゲティングは適切か?

絞りすぎていないか?逆に広すぎないか?など、これもPDCAを回していこう。

 

 

ここまでが広告の効果改善ポイントだが、これ以外にも重要なポイントがある。

ランディングページは魅力的か?

せっかく費用をかけて広告を出しても、ランディングページの成約率がゼロであれば何も意味がない。

ボクの経験上では、広告よりもランディングページに問題を抱えている場合の方が多い。

広告はひとまず置いておいて、ランディングページを見直してみるのも大事なポイントだ。

facebook広告の費用対効果を実際に検証してみた

ボクのクライアントであるコンサル会社を事例に紹介する。

広告 コスト CV数 CVR 成約数
facebook広告 ¥100,000 5 0.25% 4
成約率 売上
80% ¥400,000

具体的な内容は言えないが、facebook広告の目的は無料キャンペーンへの申し込みで、そこから個別相談、受注につなげるプロセスで、成約率が高いこともあり、広告費を引いて30万円の利益を獲得した。

このクライアントにとっては、facebook広告がヒットし、費用対効果抜群の集客手段となっている。

ちなみに、今もまだ、安定的にコンバージョン数をキープできている。

まとめ

参考になっただろうか?

facebook広告の効果をまとめると、

・他の広告よりも安価に誘導できるよ!
・効果を上げるためにはポイントを押さえよう!
・効果を出せているビジネスモデルもあるよ!

ということになる。

「リスティング広告よりも安価に集められる!よし、やってみよう!」→数日後「なんだ、アクセスは増えるけどコンバージョンは増えないじゃん。やっぱやめよう」とならないように気をつけていただきたい。

アクセスを増やすことは簡単だが、コンバージョンを増やすことは容易ではない。だからこそ腕の見せ所である。

facebook広告のテクニックの部分を知りたい人は、下の「必ず成果が出せるfacebook広告の4つのテクニック」も読んでほしい。

きっとあなたの広告運用の役に立つはずだ。


期間限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>