メルマガリストを獲得したい!Facebook広告の目安の費用はいくら?

こんにちは

Webマーケッターの三和です。

 

最近個人起業家の中ではFacebook広告を使ったメルマガリストを獲得する方法がかなり流行ってきているが、これから始めようと思っている人の中には、

  • いくらくらいでリストが取れるの? とか
  • 予算はいくらから始めるのがいいの?

など、疑問に思うだろう。

今日は、そんな疑問にお答えするため、ボクが広告運用しているメルマガリスト獲得案件で行った運用方法を紹介しようと思う。

これが事例だ。

 

 

広告配信期間は、2016年12月〜2017年2月のおよそ3ヶ月で、獲得単価368円でメルマガ登録者数を446人獲得した。
獲得単価の目標は400円だったので、それを下回ることに成功した。

メルマガリストの獲得を目的にFacebook広告を始めようと思っている人には、かなり参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてほしい。

 

前提条件

以下が、Facebook広告を出稿する前の前提条件だ。

その他、最短・最速でFacebook広告を出稿する方法は、Facebook広告出稿初心者マニュアル① Facebook広告を出すのに必要なもので紹介しています。

Facebook広告出稿初心者マニュアル① Facebook広告を出すのに必要なもの

2017.06.21

 

Facebookページを作成してある

Facebookページを持っていないと広告配信は行えないので、取得は必須だ。

ただ取得すれば良いというわけではなく、Facebookページ名やカバー写真、紹介文など初期設定はしっかりしておこう。それらの設定は、広告と関連性が高ければ高い方が望ましい。

それと、ユーザーは広告のリンク(ウェブサイトへ誘導するボタン)をクリックする以外にも、Facebookページへのリンクをクリックしたり、Facebookページにいいねするボタンを押したりもする。

↓は実際に表示されている広告のサンプルだが、ウェブサイトに誘導する以外にも、複数クリックできる箇所があることが確認出来るはずだ。

中にはFacebookページを確認するユーザーもいるので、Facebookページもある程度作りこんでおく必要性があることをお分かりいただけるだろう。Facebookページの中身がスッカラカンで、「広告を出すためにFacebookページを作ったんだな」と思われないようにしたいところだ。

なので、Facebookページのいいねもできるだけ増やしておく方が信頼性があっていいだろう。
(Facebookページのいいねは、友達にいいねのリクエストをするなど無料でも十分増やすことが可能だ)

 

ランディングページが用意してある

最適なのは、メールマガジンのリスト取得専用のランディングページだ。

持っていない方は作る必要がある。

万が一、ランディングページを持っていないくてもメールアドレスを取得できる広告はある(※)のだが、経験上ランディングページへ誘導した方が成果は挙げられる。

 

※ランディングページを使わずメールアドレスを取得する方法は、【ランディングページ不要説】Facebookリード獲得広告の出稿手順を紹介しますを参考にしてください。

【ランディングページ不要説】Facebookリード獲得広告の出稿手順を紹介します

2017.06.28

 

ただし、早く始めたいからと言って、適当に用意するのはお勧めしない。広告は設計が成果の8割を占めるからだ

いくら多くの見込み客を広告で誘導したとしても、ランディングページが残念だったら、ユーザーは登録しないだろう。しっかりメリットを伝えよう。

あと、今は無料や自作でもランディングページを作れちゃったりするが、個人的には広告で成果を出すためにはある程度のデザイン性は必要だと思っている。

なぜか?

理由は万人受けするかどうかにある。
自分のことをある程度知っている人に広告配信するのであれば別だが、知らない人に広告を出すのであれば、第一印象は大事だ。それは広告に限らずリアルでも同じだ。
だから、ボクはプロに作ってもらうことをお勧めする。

 

サンクスページの設定がしてある

これも、Facebook広告経由のコンバージョンを把握するために必須条件だ。

 

少なからず既にリストを持っている

これがあるのとないのでは、効果がだいぶ異なってくる。
リストが多ければ多いほど成果を上げることができる。
これは、これまでのボクのFacebook広告の経験上確実に言えることだ。

詳しくは、Facebook広告出稿初心者マニュアル⑩ メールアドレス取得数の増やし方を参考にしてください。

Facebook広告出稿初心者マニュアル⑩ メールアドレス取得数の増やし方

2017.06.26

 

いざ、広告配信へ。最初の広告費用は?

ここまでの前提条件が整ったところで、いざ広告配信開始となる。

で、まず「予算はいくらかければいいの?」ってことだが、1日予算1000円〜2000円程度でコンバージョンが取れるかどうか様子を見よう。

リスティング広告など他の広告とは違い、Facebook広告はメルマガリスト取得目的の広告は比較的コンバージョンが獲得しやすい。

もしコンバージョンが取れなければ、ターゲティングを複数試してみよう。

 

ある程度コンバージョンが取れてきたら

ある程度コンバージョンが取れるターゲティングがわかってきたら、広告の種類をコンバージョン最適化に切り替え、最適化をFacebookに任せてしまおう。運用側もそれが一番楽だ。

コンバージョン最適化に切り替えると、課金形式がクリック課金→インプレッション課金に変わるので、予算内で何度クリックされようと課金はされない。つまり5クリックだろうが30クリックされようが金額は変わらないということだ。だとすれば、より多くのクリック数を獲得できればその分コンバージョンの可能性は高くなるので、コンバージョン最適化に切り替えた後広告運用者が行うことはいかにクリック率を上げれるか?それだけを考えればいい。

よく、ここに至る前のクリック課金の時にクリック率を上げようと色々トライする必要があるみたいなことを言ってる人がいるが、それは間違いでありFacebook広告の本質を理解できていないことになる。クリック課金時にクリック率を上げる取り組みを行っても意味がない。理由は、最も大事なのはその後のランディングページの成約率だからだ。クリック課金時に必要なことは、より多くのコンバージョンが獲得できるターゲティングを探すことである。

ここまでで話してきたように、広告で最も大事なことは成約率であり、クリック率は二の次だ。
しっかりと本質を理解しておこう。

 

月間の成果を踏まえて、次月の予算を考えよう。

広告スタート時は、テストも含め1日1000〜2000円ではじめた場合、月間の費用は30000~60000円程度になると思う。

月間の結果を受けて、獲得単価(CPA)の成果を見てみよう。

CPAが予想していたよりも少額で済んでいる場合は、予算を倍くらいまで上げてみよう。
そうすれば、CPAは多少高くなると思うが、獲得数を倍近く上げることができる。

逆にCPAが予想よりも高い場合は、次月も同様の予算額でクリック率の改善や通算予算で時間帯別配信など効果改善施策を行おう。

 

まとめ

まとめると、

  • 広告出稿前の4つの前提条件は満たしておこう。
  • 広告配信スタート時の予算目安は1日1000〜2000円。初月は月30000〜60000円。
  • 1ヶ月運用してみて、次月の予算を決めよう。

ということが今回伝えたかったことだ。

 

最後に

これからFacebook広告を始めようと思っている人や、やってるけどうまくいってない人は、下の「必ず成果が出せるFacebook広告の4つのテクニック」を是非ダウンロードして読んでみてほしい。

きっと、あなたの広告運用に役立つはずだ。


8月末までの限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>