獲得数と獲得単価、どっちが大事だと思いますか?

 

こんにちは、

Webマーケッターの三和(みわ)です。

 

巷では、Facebook広告が大流行してますね。

特にある業界では、企業よりも個人起業家さん達による出稿が激化しています。

 

Facebook広告自体、2012年くらいからあるサービスなんですが、

2016年頃から一気に需要が高まってきていて、今もまだそれが続いています。

 

僕の元にもそんな個人の方からのFacebook広告の相談がよく入りますが、

クライアントから本当によく聞くワードがあります。

 

1件あたり〇〇円で獲得したい

とか、

獲得単価を下げるにはどのように広告運用したらいいですか?

 

こんな感じで、要は獲得単価の話。

 

多分ネットのリサーチやどこかのセミナーでFacebook広告をやれば、獲得単価が安く獲得できると耳にしたのでしょう。

他の広告よりも安価に獲得できる可能性はあるので、その話自体間違いではないですが、広告運用の際、獲得単価を重視しすぎると失敗するリスクが高くなるので、ここでお伝えしておこうと思う。

まず、広告をやるにあたって、一番重視するべきことは、獲得単価よりも獲得数なのです。

 

この理由について、説明しますね。

例えば、Aさんは目標の獲得単価を仮に500円と決めていて、500円で獲得できるように運用した結果、獲得数は5件、売上は50,000円になりました。

 

一方で、Bさんは獲得単価に目標はなく、取れれば取れるだけ欲しいという意気込みで運用した結果、獲得単価はAさんの2倍の1,000円になってしまいましたが、獲得数は12件、売上は120,000円になりました。

かかった広告費を売上から引いても、

Aさん:50,000円-2,500円=47,500円

Bさん:120,000円-12,000円=108,000円

となり、結局Bさんの方が倍以上の利益が取れる計算となります。

 

上のAさんとBさんのケースを見て、あなたならどちらの運用をお望みですか?

確実にBさんの方ですよね?

広告の目的は、あくまで「売上アップ」です。

これ以外にありません。

そのために、まず第一に考えるべきことは獲得数の増加なのです。

 

これを間違って獲得単価を抑える方に頭がいってしまうと、本来であれば獲得できたコンバージョンを取り逃がしてしまうことになりかねません。すなわち売上が伸ばせないということです。

だから、獲得単価を重視することはあまりよろしくないのです。

獲得単価を下げるのは、充分な獲得数を確保できている段階でやるべきなのです。

獲得数が安定していないのに、単価がどうこうとは考えないほうがいいですね。

 

また、これは予算設定に同じことが言えます。

少額予算で設定しすぎると、獲得数を抑制してしまうことになってしまい、最終的に売上を抑制してしまうことになります。

大事なことなのでもう一度言いますが、広告の目標は「売上アップ」と考えるべきです。

最初は低額ではじめてみるのもいいですが、獲得数が増やせそうなら、広告費はどんどん上げていくべきなのです。

なかなか怖くて上げれないという方も中にはいますが、その迷いがチャンスを損ねている状況を作ってしまってるので気をつけてくださいね。

 

それでは、今回はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 


8月末までの限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>