【要注意!】Facebook広告で効果を上げられない要因とは?

ボクは、これまで数々の広告主のFacebook広告出稿代行を行い、ほぼすべてのクライアントの広告パフォーマンスを上げてきた。

今日は、その経験から、逆に「効果を上げられない原因」をいくつか紹介したいと思う。

なかなか成果に結びつかず悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

効果を上げられない原因とは?

ボクが思うに、2つの原因しかない。

  1. クライアントの指示に従う
  2. テストを繰り返さない

この2点だけだ。

クライアントの指示に従うと効果が出ない

最初から、「えっ!?」と思うかもしれないが、原因の大半を占めるのはコレだと思う。

「クライアントの広告なのに、なんで指示に従ったらいけないの?」って話だが、よく考えてみよう。

そのクライアントはFacebook広告の仕組みを理解しているのか?
また、ネット広告を自分でトライしたことはあるのか?

この2点があまり分かってないクライアントからの広告の指示は、言ってしまったら、素人からのご要望だ。
効果が出る出ないなんてまるで分からない要望だ。

だから、それに従って広告を打つと大抵失敗する。やってもテストくらいでとどめておこう。

そんな要望よりも、実際にFacebook広告を運用して、その仕組みを理解し日々仮説を立てて検証を行っている運用者が考える案の方がよっぽど効果的だ。

ボクらの役目は、そんな素人の人に対して、「こういうやり方の方が効果出るんで、やってみますね」と率先してトライすることにある。

クライアントに画像もらって、テキストもらって・・・と本当にクライアントの”代行”をやっている人は、今すぐやめて自分で考えよう。

テストを繰り返さないと結果は出ない

Facebook広告に限らずすべての広告に当てはまることだが、

最初から成果が出る広告なんて一握りもない のが現状だ。

だから、常にテストを繰り返し、ターゲットやクリエイティブを最適化していく必要がある。

極論を言えば、広告はどれだけテストし手を施したかどうかにかかっている。

それを理解していない広告主が多いし、運用者でもテストをなかなか繰り返すパワーがない人も多い。

「PDCAを回してたくさんトライしてきたけど、結果が出なかった(上がらなかった)」という声もたくさん聞くのだが、それは、

  • PDCAの回し方が悪かった(考え方・スキル不足)
  • そもそも成果が出る内容ではない(LPや商材の問題)

このどちらかでしかない。

ちなみにボクにも、たまに「それは結果出すのは難しすぎるでしょ」と思うような広告の相談が来るのだが、出す前から効果が出ないと感じる案件には、お断りさせてもらっている

厳密には、効果が出るように設計と修正を行ってからトライするようにしている。

「早く出して」と急かしてくるお客様もいるが、その焦りが結果的に効果が出なくて無駄金を投じることになるということを理解していない人も非常に多いのだ。

だから、ボクは効果が期待できるまでは広告は基本出さないようにしている。

これは、非常に大切にしている信念だ。

まとめ

いかがだっただろうか?

広告代行している人には、共感できる部分はあったのではないだろうか?

断りだが、決してクライアントの指示を無視しているわけではないですよ。笑

クライアントが結果を出せるように、誰よりも真剣に広告を考えて取り組んでいるだけだ。

参考にしていただけたら嬉しいです。

最後に

これからFacebook広告を始めようと思っている人や、やってるけどうまくいってない人は、下の「必ず成果が出せるFacebook広告の4つのテクニック」を是非ダウンロードして読んでみてほしい。

きっと、あなたの広告運用に役立つはずだ。


期間限定で無料プレゼント実施中!

小さな会社でも個人でも確実に成果を出すことができるfacebook広告のテクニックをまとめました。 facebook広告を始めたばかりの方から既に実践されている方まで、間違いなく参考になることしか書いていません。 期間限定なので、この機会にぜひダウンロードしておいてくださいネ!

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜→名古屋を経て東京でフリーランスWEBマーケッターとして活動中。活動領域は、広告代行、SEO対策、ホームページ制作、WEBサイト解析などWEB集客のほぼすべてをこなす。半端なノウハウではなく、小さな会社や個人起業家でも成果が出せるWeb集客のノウハウを伝えていきたいと思っています。<<詳しいプロフィールはここをクリック>>